百花繚嵐

You've got to take it.......all right.
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | 嵐なリストマニア |

隠し砦観てきました

うわっ、なんかひたすら久しぶり。

週末にようやく武蔵観てきましたー。姿勢の悪い松本さん、新鮮でしたてれちゃういろいろ書き始めると長くなりそうなんで、とりあえずさらっと。

ストーリーはテンポが良くておもしろいです。展開に粗がないといえば嘘になりますが、それは目を瞑れないほどの粗ではないですし。ああ、でも、「なんでこれで無事なんだ?」というところはいくつかあったか。

ワイルド全開な汚い&鬚面の松本さんも、彼の濃さを殺してしまっていた涙の勝間田くんなどより、遥かに魅力的ハート大小 でも、別に主役じゃないよね?狂言回し?

淡い恋愛も非常に淡くてよろしいんじゃないかと。ていうか、武蔵的には恋愛感情かもしれないけれど、姫的には錯誤帰属っぽく、なおかつ、主従関係が前提のような気がしてならない……と、書いていて武蔵が不憫になってきたたらーっ

印象的だったのは、小鳥を逃がすシーンと、血を拭ってあげるシーン、姫が早川の城に入る一連のシーンかな。

で、結局のところ、身分の違う(普段は接触のない)武蔵と雪姫が行動を共にすることによって、相手の立場を知り、成長するっていうのがこの話のメインだったのかと。観るべきは、冒険でもアクションでも恋愛でもなかったように思います。それらの要素も楽しめるっちゃ楽しめますが、それをメインと期待しては物足りなさが残りそう。

ラストもあっさりしてましたね。予告で観たあのシーンがラストだったのかーというぐらいに。最後にもうひとひねり、悪人らしさが出せたら、「してやられた!」と楽しめたところなんだけれどね。

JUGEMテーマ:
嵐・映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | 嵐なリストマニア | 昨年の記事

隠し砦・トレイラー

トレイラー、公式で見てきました。お、重いなあ。トップからしてなかなか開きませんわ。

んでもって、トレイラーは、スローっていうか、コマ送り状態でしか再生できないぐらいの重さで。ある意味、松本さんを確認しやすかったわけですが。映像は、WSで流れたものとほぼ同じ。こんなにワイルドでいいのか?(本人談)っていう、松本さんが写ってます。

・・・・・ただ、この監督さん、「トレイラーが一番おもしろい」という定評(苦笑)があるらしいので、過度の期待はしないでおこうか。

=============================================

ナイスとPIKANCHI、オリコンのTOP5内にジャンプアップ! 周囲を見ても既発曲多めで、強力な曲がないのも幸いしたと思われるチャートアクション。週間TOP10入りなるか?!<って、私は、まだ買えてないたらーっ

新曲の方も、すでにAmazonは受付ストップしたみたいですねー。勢いあるなあ。

JUGEMテーマ:


嵐・映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | 嵐なリストマニア | 昨年の記事

『黄色い涙』

制作時から食指が動かなかったんですが、見ないであれこれ言うのも……だし、まあ松本さんが出てるわけだし、ってことでようやく見てきました。

感想としては、予想どおり。ストーリーにヤマがなく、オチにもインパクトがなく、普通に映画としておもしろくない。加えて、嵐メンが地味に加工されていて、彼らの魅力が感じられない。まったく、嵐を無駄遣いするにもほどがある。松本さんが出ていなければ、たとえ他メンが出ていても、スルーしただろう作品、かな。

続きを読む >>
嵐・映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | 嵐なリストマニア |

『僕は妹に恋をする』

ゆったりとした作品で、いろいろなことを考えさせられる映画でした。映画のストーリーについても、その周辺の事象についても。そして、シンプルでミニマムな作品でした。音も、人物も、背景も。そぎ落とした、というのはこのことかな、というぐらいに。

描かれているのは、双子である男女間の恋愛。観る前は、その関係性の持つスキャンダラスな面と、原作には描かれているらしい(未読です)刺激的な描写とが、この映画にも盛り込まれているとしたら、好奇の目にさらされるだけの作品になるんじゃないだろうかと危惧していました。悪く言えば、チープな作品になってしまうのではないかと。

だけれど、実際の『僕は妹に恋をする』は、穏やかでありがちな日常と、揺れ動く感情を映像にしたような作品で、危惧していた方向とは、逆の方向に向かった作品でした。これは、監督さんの力量なんだろうと思います。ベルトルッチが同じ題材を与えられたら、間違いなくR指定の作品に仕上げただろうと思いますもん。(そういえば、『ドリーマーズ』も男女の双子だったなあ)

=======以下、ネタバレありです。遠回りな表現を心がけましたが、未見の方はご注意を=======
続きを読む >>
嵐・映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | 嵐なリストマニア |

「硫黄島〜」ゴールデン・グローブ賞受賞

やったね!ニノちゃん。個人に対する賞じゃないけど。

「硫黄島からの手紙」がゴールデン・グローブ賞の外国語映画賞を受賞したそうです。世界の舞台で評価される作品に出演できたことは、幸運な巡り合わせなのかもしれないけれど、その作品を世界で評価される作品に作り上げた”作り手”のひとりは、間違いなくニノなわけで。

素直にすごいなあと思います。
続きを読む >>
嵐・映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | 嵐なリストマニア |

時代は俺をおいていかないよ?

時代は俺をおいていかないよ」って、ほんとだね、ニノちゃん。

硫黄島でのアカデミーノミネートの可能性って話にも驚いたけれど、鉄コンの世界配給も決まったって!

ホントに時代は、そして世界はニノちゃんを待っているのかも、ですよね。

とても、深夜に穴あきTシャツや(頭に)ストッキングを着用していた人と、同じ人の所業とは思えません(笑) ....いや、いい意味で。(いい意味も悪い意味も大差ないんじゃ?)


ただ、鉄コンって、吹替えられちゃったらニノちゃんの出番はなくなるんじゃ(ry) まあ、ゲドの岡田くんみたいな前例もあるし、アジア圏では字幕でいけるかなあ? いや、いってほしいです。
嵐・映画 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | 嵐なリストマニア |

僕は妹に恋をする

うーん、そうきたか。

花男の余韻も冷めぬうちに、次のお仕事が発表されるのは、嬉しいっちゃ嬉しいんですけれどね。ものがものだけに、ちと微妙。

この作品、よく知らないけれど、人気があるらしいっすね。Amazonのレビューを見る限りでは、良くも悪くも「少女マンガ」の域を脱していないようですが。しかも、テーマの割に対象年齢が低そうな。

続きを読む >>
嵐・映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | 嵐なリストマニア |

「東京タワー」

結局試写会は行けなくて、普通にロードショーで観てきました、「東京タワー」。

んもう、スクリーンの松本さんに釘付けですわ。やはり、彼はクローズアップがおいしゅうございます(違)

岡田くんも普通に美しいし、寺島さんは演技が巧いし、画は綺麗だし、音楽も素敵だし、DVDが出たら即買いです!松本カタログとして永久保存版です。

でもね、ストーリーは……(以下ネタバレありです)



続きを読む >>
嵐・映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(7) | 嵐なリストマニア |

Click Here!